「看護師の転職と看護業界」




現在、多くの医療機関は看護師の人材不足に悩まされています。看護師の方が転職をする際には、求職者である看護師の方が圧倒的に優位な立場になります。

このナースの人材不足の理由として、看護師というお仕事には女性が多いため、結婚や育児で退職したりと、安定して人材を確保できないというポイントがあります。

又、看護体制の変化により看護基準を満たす必要があり、より多くの看護職員が必要となり、病院間で看護職員の奪い合いが起きているという現状もあります。この看護体制の基準を整える事で、診療報酬に変化か生じるため、ナースの方の需要が増加しているのです。

そして、高齢化により介護施設でも看護師が必要となり、この資格を取得している方の需要が増加しているという側面もあります。このように看護師の方の需要は年々増加し、転職がしやすい状況ですが、この転職を成功させる為には予め幾つかの点に注意が必要です。ここでは看護師の方の転職を成功させる秘訣についてお話致します。

先ず最初に、看護師の方が転職を成功させるためには、目的をしっかりと決める事が大切です。

転職の目的や実現したい希望など、新たな就労先での成功の秘訣は、このような目的を明確にしておく事なのです。目的が明確でなければ、新たな就労先で再度思い悩んでしまう可能性があります。それ故に、新たな就労先を探す際には、目的を明確にしておく事が大切なのです。

次に、ナースの方の転職を成功させる為には市場価値を把握する必要があります。ナースとしての素晴らしい経歴を持っていても、求人側が必要とする条件を満たしていなければ新たな職を得る事は不可能です。それ故に、求人を行う医療機関の応募要項をしっかりと把握し、必要条件を確認することが重要になります。

そして最後に、ナースの方が新たな就労先を探す際には希望条件に優先順位をつける事が不可欠です。新たな就労先を選ぶときに、全ての希望条件を満たす事は難しいものです。それ故に、希望条件を明確にし、優先順位の高い条件を重視することが大切なのです。このようにナースの方が転職を成功させる為には、このようなポイントを重視する必要があります。


変化しつつある看護師について



医師をサポートする為にある看護師ですが、最近は色々と事情が変わってきています。

まずは看護師という名前ですが、これは男女雇用機会均等法から女性の仕事として扱われていた看護婦という仕事を男性にもということから名前が変わってきています。

そんな状況で今では男性も多くなってきており、以前では男性は精神科やオペ室など限られた勤務が多かったのですが、最近ではあらゆる所で男性が活躍しているので全く問題なく仕事ができるようになってきています。

そして多くが看護の部門で出世などもしてきており、女性の仕事といった状況から変化を見せています。特に男性ですと出産や育児といったハンデが少ない分キャリアアップという面でもしやすい環境にあり有利とも言えます。

また体力勝負の部分もあるので、男性でも活躍する現場というのがあります。割合としてはまだまだ女性よりは少ないものの今後はどんどん増えてきており、その傾向というのは続いている状況にあります。

他にもそのような背景からナースキャップというのも廃止されてきています。

これは男女雇用機会均等法とも関係がありますが、どうしてもナースキャップというのは毎日着用している為に感染症であったり、ウイルスなどの危険性というが高まります。

またナースキャップというのが機材などに引っかかったりするなど医療面での危険性ということから廃止の方へ動いています。

しかし一方で専門学校から卒業する際にナースキャップを付けられることでプロ意識を付けられるといった反対意見などもあり、今後注目の内容でもあります。

他にも看護師には准看護師がありますが、出来る仕事内容は看護師に比べて制限されていて、仕事に支障がありましたが、最近では臨床経験が10年以上であれば、看護師となる為の通信制の移行教育があり、そしてそういった教育を受けたものが国家試験を受験したりするなど変化を見せています。

看護師、准看護師ともに転職動向は旺盛で、2016年秋もすでに活発な反響が出ています。特に医療から福祉への人材移転が進んでおり、看護師が老人ホーム等の施設で働くケースも増えてきました。看護師や准看護師が求人をさがすサイトは色々あり、人材紹介会社が運営しているものが多いですが、それらの情報を統合した求人ポータルサイトも数多く運営されています。

Topics-看護師の転職と看護業界ガイド-

看護師転職best5

2015-08-11 11:24

どんな職業であっても、新人と言うのはリアリティショックを受けることになる。リアリティショックとは、妄想と現実の差だ。「こんなはずじゃなかった」「もう少しできるはずだった」という自分に対するショックと勤務先に対するショックがあるが、看護師はその両方を感じ、他の業種に比べてそういった影響を受けやすいとされている。

また、看護師は閉鎖された空間で業務をこなさなくてはいけないというのも問題の一つにある。同僚の看護師、医師、患者とその家族など、不特定多数の人との付き合いをしなくてはいけない。人間同士が大きく関わりあう世界なので、その分トラブルもおきやすくなるだろう。

こういった現状に打ちのめされてしまう看護師の特徴は、真面目で頑張り屋な人であることが多い。もちろん真面目であることはいけないことじゃないが、今後も看護師として働きたいと思うのなら、適度に適当さと臨機応変さを身につける必要は出てくるであろう。

「看護師転職best5」の続きを読む